「生地屋トマト」タグの記事一覧

日暮里繊維街で買った生地 ニットと布帛の無地の服地を安い問屋で購入

日暮里 繊維街 問屋街 ニット はぎれ 布橋商店

生地の問屋街といえば東京の「日暮里繊維街」今回の目的は服地です。布帛とニットの無地の生地ばかり買って宅配の発送をお願いしてきました。買ったお店と買ったものを載せるので日暮里での買い物の参考にしてみてください。

スマホポーチを手作り 黒電話柄の革持ち手付き携帯電話ケース

スマホポーチ 手作り ハンドメイド 持ち手 iPhone

かばんにひっかけられるスマホポーチが欲しかったので作ってみました。私のスマホはiPhone5Sなのでこれに合わせて型紙を作成、取り出しやすいようにふたやボタンはなし、外袋と内袋を別々に作ってバイアステープで口をくるんだだけの簡単な作り方です。トートバッグにポケットがないのでポケット代わりにかばんの内側に取り付けておきます。

東京の安い手芸用品店めぐり 日暮里→浅草橋→馬喰町 小売&卸

東京に行ったので、日暮里→浅草橋→馬喰町と手芸屋さんを回ってきました。小売もしてくれる卸、小売だけど割引ありなど安いお店を中心に3件回っています。日暮里は東京日暮里繊維卸協同組合のお店が並ぶ繊維街、生地が豊富です。浅草橋はコットンファミリーというUSAコットンなど輸入生地を扱う生地屋さん。そして馬喰町はカンダ手芸という手芸用品の卸のお店でファスナーや口金など副資材を購入。日暮里→浅草橋→馬喰町は電車の乗り換えではなくバスの乗り継ぎで移動しました。歩く距離が少なく済むので荷物が多い買出し・仕入れにおすすめです。

東京のUSAコットン・輸入生地が多い&安い手芸用品店・生地屋さん

USAコットン 日暮里 ハギレ 安い

USAコットンを求めて東京の手芸屋さんを巡ってきました。よく行くエリアは新宿と日暮里・浅草橋・馬喰町。もともとは新宿のオカダヤさんに行っていましたが、もっと色々な生地を見てみたくなってきました。ということで日暮里・浅草橋・馬喰町に足を伸ばしてみましたが・・・USAコットンをはじめ輸入生地の種類が多くてわくわくが止まりません!値段も安いので定期的に通って目の保養を楽しんでいます。

ハサミ柄の生地 レトロでポップなUSAコットン henryglass fabrics

ハサミ柄 生地 USAコットン ヘンリーガラスファブリックス

日暮里のトマトで買ったUSAコットン4枚目はハサミ柄の生地。黒地のカラフルなハサミ柄でこれも一目ぼれ。元々はソーイングセットとかお裁縫道具の柄の生地が好きで探しているのですが今回の日暮里では見つけられず。その代わりに衝動買いしてきました。henryglass fabrics(ヘンリー・ガラスファブリックス)の生地です。

マッチ柄のレトロな生地 COTTON+STEEL”MOONLIT”USAコットン

マッチ柄 生地 USAコットン ポップ

レトロなマッチ柄の生地を日暮里のトマト5階で購入。ほぼ原寸大のマッチの大きさの柄だと思います。RJR COTTON+STEEL”MOONLIT”購入した色はINDIGO BLUE(インディゴブルー) マスタードイエローもあるようですがトマトでは見つけられず。トマトのサイトで見たよりも落ち着いた色の印象。こちらの生地は商用利用が可能だそうです。

レトロでポップな黒電話柄の生地 ROBERT KAUFMAN【USAコットン】

黒電話 USAコットン レトロ ロバートカフマン

レトロでポップな黒電話柄の布を日暮里のトマトで見つけて購入しました。ROBERT KAUFMAN(ロバートカフマン)の生地です。ちょうど買い物しながら携帯ケースが欲しいと思っていたので即決で購入。カラフルな電話柄もあります。

カラフルなメガネ柄の生地 USAコットンを日暮里のトマト5階で購入

メガネ柄 USAコットン 生地 布

日暮里繊維街の激安生地店として有名なトマトでUSAコットンを購入してきました。まずは1つめ。白地と黒地の2種類のメガネ柄です。特にお気に入りなのはカラフルな白地のメガネ柄。Timeless Treasures(タイムレストレジャーズ)というブランドの輸入生地です。メガネっ子なのでメガネケースでも作ろうかなー。

サブコンテンツ

このページの先頭へ