キャラメルポーチ 20cmファスナーで手作りの北欧柄サニタリーポーチ

職場で使うサニタリーポーチが欲しかったので立体的なポーチを手作り。

形は作り方が簡単なキャラメルポーチにしました。

タンポン派なのでタンポンにサイズを合わせて20cmファスナーを使いました。

型紙は横は20cmファスナーに合わせて24cm、縦は前に作ったキャラメルポーチよりもスマートにしたかったので24cmと正方形に。

いい感じの大きさになりました。

キャラメルポーチ 20cmファスナー 立体 ポーチ 北欧使った生地はカンダ手芸で買った北欧デザインっぽい木の柄。

コスモテキスタイルです。

裏地はパンドラハウスで買った丸巻きのチェック。

ファスナーは20cmファスナーでバイアステープと同じく100均。

裏地を残す作り方よりもバイアステープでくるむ作り方をすることが多いすが、バイアステープの在庫にいい色がなく目立ってしまったのが反省点。

キャラメルポーチ 手作り 型紙 簡単 キャラメルポーチとはキャラメルポーチの型紙の作り方は簡単で、ファスナーの全長にあわせた横幅(縫い代込み)、高さは横が正方形なら作りたいポーチの大きさの高さ×4+縫い代で作れます。

このポーチの型紙は先に書いたように24cm×24cmの正方形にしました。

厚地の生地でなければファスナー下までマチを折り込んでも充分縫えます。

またタブを挟み忘れました・・・

まあ月に数日しか使わないので。

キャラメルポーチ 大きさ 比較 ハンドメイド 手作り サイズ 20cmファスナー前に作った20cmファスナーのキャラメルポーチよりもかなり小さめ。

ハリネズミ柄は型紙が24cm×36cm、今回は12cm小さい24cm。

タンポンがちょうど入ります。

ハリネズミ柄はファスナーをよけてマチを折っているので少し横幅が大きいです。

ナプキンを入れるなら前に作った大きめのキャラメルポーチがちょうどよさそう。

これは25cm×35cmの100均のカットクロスを使って、ファスナー下までマチを折り込んでいるので高さが出ました。

その分横幅は少なめ。

これもタブを付け忘れています・・・

立体的なボックスポーチはタブが合ったほうがファスナーの開閉が楽なので気をつけないと。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ