RickRackの型紙で布帛のTシャツ「バタフライブラウス」

RickRackさんの型紙でバタフライブラウスを縫いました。

この夏はいつも以上に厚く感じるので薄手の生地で縫った布帛のTシャツが欲しくて型紙を探していたら肘まで袖があるパターンをリックラックさんで見つけて即購入。

身頃の幅が広く風が通って涼しい上に用尺が少なく済む素敵なパターンでした。

RickRack バタフライブラウス 布帛 Tシャツ パターン 型紙 洋裁生地はコットンローン(多分)でグレーのドットがプリントされたかなり薄手の透けるもので家にあったハギレ2枚で縫いました。

70cm~80cmくらいのハギレだったのですがこのパターンはもともと袖を縫い合わせて少ない用尺で製作できるようになっているので前身頃・後身頃の横に袖4枚を縦に並べて裁断して余裕でとることができます。

かなり透け感がありますがユニクロのブラトップを着てしまえば問題ありません。

これだけ薄いと本当に涼しい!風がよく通ってでも汗は吸ってくれて快適です。

縫うのも簡単で襟ぐりの裏バイ(裏バイアステープ始末)にも慣れてきたので裁断済みを2~3時間で仕上げることができました。

袖の縫い合わせが普通の布帛Tシャツやブラウスよりも多いですが縫い合わせ+ロックミシンだけなのでそんなに手間ではありません。

家庭用ミシンだけならジグザグが増えますが袖の縫い合わせ部分は直線なので輪でとれば手間はなし。

用尺を取るか手間を取るか選べるいいパターンだと思います。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ