ロックミシンの糸 最初に用意した糸の種類と色と安いミシン糸のお店

ロックミシンを買ってすぐに縫いたかったので注文後はずっとロックミシンのミシン糸について勉強していました。

よくロックミシン糸として販売されているのはポリエステルのスパン糸。

家庭用ミシンではシャッペスパンが有名ですが実はシャッペスパンは高級品で

ロックミシンでは糸をたくさん使うので1500mなど巻が大きいもうちょっと安い糸を用意するそうです。

ニットを縫うときには布帛を縫うときには?色々調べてみました。

2本針4本糸のロックミシンのミシン糸 ニットソーイングと布帛のミシン糸の選び方

ロックミシン 衣縫人 BL5700EXS 選び方 違い2本針4本糸のロックミシンは縁かがり縫い+合わせ縫い(直線縫い)で合わせかがり縫いが出来るミシンです。

ニットソーイングなら布端の処理と本縫いが一気に出来るので早くて楽ちん。

ニット用のミシン糸の選び方はで人によって違いがあったのは針糸。

ロックミシンの縫い方には伸縮性があるのでニットを縫う際にもテンションが高い生地でなければウーリー糸やレジロン糸といったナイロン糸は不要という方も針糸はレジロン糸にするという方もいました。

針糸はルーパー糸に比べて減りが少ないので左の針糸だけは生地の色に合わせたレジロン糸か60番手のスパン糸を使う方が多いようです。

縁をかがるルーパー糸にはよほど厚手でなければ一番手ごろなポリエステル100%の#90(90番手)くらいの糸を使うそうです。

シャッペスパンの青い糸巻きの普通が60番手なのでもう少し細い糸です。

太い糸で縁をかがると厚みが出てしまうのでルーパー糸には細い糸を選ぶそうです。

布帛を縫うときには針糸を60番手のスパン糸にしてルーパー糸は上と同じ90番手のスパン糸という方が多かったです。

そして家庭用ミシンで本縫いをします。

この理由は伸縮性のあるロックミシンの縫い方では伸縮性のない布帛の縫い合わせには向かないから。

私は7.5幅でロックミシンをかけて1cmの縫い代で家庭用ミシンを使うことに。

ロックミシンは針糸が60番手、ルーパー糸が90番手、家庭用ミシンはシャッペスパンの60番手を使いました。

ストレッチのある生地ならロックミシンだけでの縫いあわせでもいいそうです。

ロックミシンの糸が安い!安いミシン糸を販売しているお店

私がまず買ったのは60番手と90番手のポリエステル100%のスパン糸です。

買ったのは手芸用品が安いと評判の手芸ナカムラさん。

70290ロックミシン糸ベージュ

これが#90でルーパーに使う糸でロックミシン糸として販売されています。

シャッペスパンで言うと黄色ですが1500m3つで410円だから一個130円しないくらい。

黒はミシンについてきたのでとりあえず白とベージュとグレーを買いました。

70104ポリエステルミシン糸大巻ベージュ

これが#60で針糸に使うミシン糸。

3000mで270円とかなり安いです。

グレーはなかったのでとりあえず白とベージュを2個ずつ購入。

ロックミシン サルエルパンツ パンツ ボトム ズボン 縫い目前に作ったサルエルパンツはこの糸で縫いました。

サルエルパンツをハンドメイド 初めての洋裁で手作りの直線縫いズボン

ベージュはプリントの綿麻にぴったりですね。

色の選び方や色合わせも調べたのですが、縁かがりをするルーパー糸は表に見えない場合数色で使いまわす方が多いようです。

明るい・薄い色の生地なら白や生成り、濃い色なら黒など。

針糸は伸びると見えることもあるので最低でも左の針糸は使う生地に合わせて60番手のスパン糸かレジロンを使うということがわかりました。

基本の色だけそろえてあとは都度買うか手持ちのシャッペスパンを小分けにして使おうと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ