サルエルパンツをハンドメイド 初めての洋裁で手作りの直線縫いズボン

夏から秋まで使えそうなサルエルパンツを作りました。

初めて手作りした服(ボトム)ロックミシンで初めての洋裁です。

作り方は月居良子さんの「かんたん、かわいいまっすぐソーイング」から。

型紙が付いておらず自分で製図を写したので初めてにしてはハードルが高かったです。


月居良子のかんたん、かわいいまっすぐソーイング

この本には2つのサルエルパンツが載っているのですが、迷彩柄の丈が長いほうを作りました。

これにした理由は近くの手芸屋さんで2m700円と破格の迷彩柄の綿麻キャンバスを見つけたから。

本の生地は綿のプリント生地ですが綿麻で作っちゃいました。

サルエルパンツ ハンドメイド 洋裁 手作り ズボン 月居良子のかんたん、かわいいまっすぐソーイング出来上がったサルエルパンツがこちら。

股布が大きめで丈は長め。

脇布2枚と股布1枚とパーツが少ないので縫う場所も少なく裁断さえ終わればすぐに縫うことが出来ました。

布帛なのでロックミシンをかけてから本縫いもしていますがそれでも早かったです。

この股布と足の部分を縫うときが少し難しく少し重なってしまいましたがばれないばれない!

ウェストゴムが入らなくて2cm→1.5cmにしたけどばれないばれない!

サルエルパンツ ハンドメイド 洋裁 手作り ズボン 月居良子のかんたん、かわいいまっすぐソーイング ポケットこのサルエルパンツは前後同じデザインですが一箇所だけポケットが付いています。

この前ポケットがアクセント。

表に縫い付けるだけなので簡単でしたが縫い目が見えるので緊張・・・

コバステッチとは呼べないゆとりある端ミシンの縫い付けになってしまいました。

外履きにしても部屋着にしてもこのポケットが便利で、小さいですがスマホやら鍵やら入ります。

洋裁 ポケット しつけ のり ボトム パンツ ズボンポケットを付けるときに・・・待ち針がない!となりましてまた糊が活躍してくれました。

布用ペンタイプのり(仮止め用) 詰替用付き

のりをつけてからしかっり押さえれば動きません。

ロックミシン サルエルパンツ パンツ ボトム ズボン 縫い目ロックミシンで処理した布端はこんな感じ。

縁かがりはかなり綺麗ですし早いです。

衣縫人は手動糸調子なので縫目の調整って面倒かなーと思いましたが試し縫いで標準設定の4でいけたのでそのまま縫いました。

7.5幅でロックミシンで縁かがりをした後に家庭用ミシンで本縫いしています。

ロックミシン糸は手芸ナカムラさんのロックミシン糸ベージュをウーリー糸に、針糸はポリエステルミシン糸大巻ベージュです。

悩んだけどロックミシン買ってよかった!

型紙屋さんばかり眺めています。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ