マチ付き丸くてふっくらな立体のタック巾着 snowwingの型紙で手作り

また巾着袋を作りました。

今度は巾着やポーチのパターンをたくさん販売しているsnowwingさんの「タックきんちゃく」です。

底にタックを縫うことで1枚の布がマチをつけたような立体的な巾着になりました。

巾着 マチ マチ付き 巾着袋 型紙 タックきんちゃく snowwing使用した生地は
フェイクニット生地 ニット柄オックス
・パンドラハウスで買ったチェック
ワックスコード(細)生成り

ニットパッチのリアルプリントを表地に、口布と裏地はブラウンのチェック柄のシーチング(多分)にしました。

ワックスコードは生成りです。

型紙は小のサイズで作りました。

大なら高さをアレンジしてお弁当袋にも出来るそうでアレンジ方法も作り方も紹介されています。

布を合わせずに立体的でふっくらした巾着袋が出来るので縫い方も簡単でした。

容量もかなり入ります。

こんな丸いフォルムなのに直線縫いだけなのでミシンもらくらく。

気に入ったのでまた作ります。

とりあえずこれは未使用のミシン糸を入れてミシンの横へ・・・

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ