バネポーチのふくふくポーチを手作り パターン屋snowwingさんの型紙

先日通販したsnowwingさんの型紙でふくふくポーチというバネポーチを作りました。

バネ口金という金具を使ったポーチで、サイズによっては片手で開閉できるところが魅力です。

今回作ったのは2パターンのサイズ展開の小さいほう、12cmのバネ口ポーチです。

ふくふくポーチ snowwing バネポーチ 可愛い 切り替え布 手作り ハンドメイドパターンを販売しているsnowwingさんを知ったのはこのバネポがきっかけ。

バネポーチを検索していてよく見かけたこの切り替え布のバネポーチに一目惚れしてしまいました。

今回は近くのはぎれ屋さんで買ったドットのひつじ柄の布と手芸ナカムラさんの綿麻キャンバス生地生成りで。

この綿麻キャンバスは1m410円と安い+どんな生地にも合わせやすいところがお気に入り。

色はちょっと濃い目です。

この型紙はポケットアレンジのパターンがいくつか付いているのですが、まずはシンプルなポケットを片側にだけ付けてみました。

バネポーチ ふくふくポーチ 型紙 パターン 販売 snowwing 12cm バネ口金開けたところはこんな感じ。

ひつじ柄の表布には接着芯を貼らなかったのですが貼ったほうががふっくらしてよかったかもしれません。

サイトの写真を見ていても思ったのですが、14cmの方が可愛いかも。

マチと正面の切り替えのバランスなのでしょうか。

14cmのバネ口金、カン付きを買ったので使ってみます。

ちなみに今回使ったバネ口金はセリアの12cm、100均で2本入りと破格の安さです。

カーブをミシンで縫うのはなかなか大変でしたがコツがわかって来たのでまた作ってみます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ